BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/11/28配信分

67――これは何の数字?

 
●正解:ネット利用「トラブル不安」が《 67% 》 内閣府世論調査●
 
 
 
11月22日に、内閣府が実施した「インターネットの安全・安心に関する世論調査」の結果が発表されました(※1)。それによると、「インターネットの利用に関連するトラブルについて、不安はありますか」との質問に対し、「不安がある」、「どちらかといえば不安がある」と回答した人を合わせると、全体の67.6%となりました。
 
年齢別に見ると、「不安がある」と回答した人の割合は、50代、60 代が40%を超えているのに対し、18~29歳が20.7%と低くなっています。年齢が高くなるほど「不安がある」人が増える傾向にあるといえます。
 
ちなみに、同調査は18歳以上が対象のため、小中学生や高校生の回答が含まれていません。ネット接続は、PCに加えてスマホ利用が増えており、今では小中学生にもスマホ保有者が多数存在しています。特に子どものスマホの使い方をみると、失敗を恐れず、自分の興味のあることをしようとしているので、「不安」や「リスク」を感じることがないのではと思うことがあります。
 
もし18歳未満で同じ質問をすると、「不安がある」との回答は、18~29歳よりも低くなるのではないでしょうか。
 
他方、子どもを持つ親世代は、子どものいじめ、出会い系被害などのニュースがTV・ネット等で報じられていることもあり、子育て世代が「不安」に思うとの回答が多くなっているものと考えられます。(※2)
 
実際、同調査の「どのようなことに不安がありますか」との質問に対し、「子どもや家族が危険な目に遭うこと」との回答が全体で3番目の45.2%を占めていますが、年代別にみると30代は59.7%、40代が58.2%、50代が47%と、子育て世代の比率が高く出ています。
 
一方、セキュリティ対策を行っている人はどのくらいいるのでしょうか。
「(対策を)行っている」と回答した人は全体で53.1%と半数を超え、「行っていない」人は全体の16.9%となっています。年代別では、「(対策を)行っていない」割合は、18~29歳が35.6%、30代が24.2%となっており、若い世代のセキュリティ対策意識が低いことがわかります。
 
インターネットは便利ですが、危険を伴っているということを、子どもや若い世代にしっかりと伝えていく必要がありそうですね。
 
 
※1 インターネットの安全・安心に関する世論調査 内閣府
 
※2 インターネットトラブル事例集 総務省
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP