BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/12/12配信分

8――これは何の数字?

 
●正解:「来訪神」が無形遺産に決定! ナマハゲなど8県10件の行事●
 
 
 
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は11月29日にインド洋のモーリシャスで政府間委員会を開き、日本政府が申請した「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決定しました。来訪神(らいほうしん)は、お正月やお盆の時期など、年に一度決まった時期に人間の世界に来訪するとされる神のことで、秋田県の「男鹿のナマハゲ」、沖縄県の「宮古島のパーントゥ」など8県10件の行事で構成されます。
 
「無形文化遺産」とは「ユネスコ三大遺産」の一つで、「無形文化遺産の保護に関する条約」(無形文化遺産保護条約)に基づいて、ユネスコが登録する伝統芸能や工芸技術、祭礼行事などを指します(※1)。この他には、「世界遺産」(歴史的建造物や自然環境が対象)、「世界の記憶(世界記憶遺産)」(文書や絵画が対象)があります。
 
これまで日本の「無形文化遺産」の登録は、歌舞伎、能楽、和紙、和食など21にのぼり、今回の「来訪神 仮面・仮装の神々」の登録は2016年の「山・鉾・屋台行事」以来となります。
 
無形文化遺産に登録された「ナマハゲ」にしても「パーントゥ」にしても、担い手の不足や高齢化、さらには地元住民にも自宅の訪問を拒否されるなどの課題が挙げられています。「ナマハゲ」に至っては、子どもの成長を考えての行事なのですが、むしろ児童虐待であるとの意見も出る始末のようです。
今回登録された10件の行事いずれも多かれ少なかれ課題があり、存続が危ぶまれるものも多いと考えていいでしょう。
 
ちなみに、2016年に登録された「秩父夜祭」は登録後に過去最高の人出を記録しました。こうした効果を指して「ユネスコ効果」と表現する報道もありました。この効果がどのくらいの期間続くかはわかりませんが、無形文化遺産登録によって、「地元の祭りの存在理由」や、「現在抱える課題」を知ってもらえる、という効果は十分にあるのではないでしょうか。
 
「来訪神 仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録による「ユネスコ効果」をうまく活用し、なんとか各地で伝統を受け継いでもらえることを願うばかりです。
 
※1 無形文化遺産の保護に関する条約の概要 文化庁
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP