BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/12/21配信分

グルーバル感覚

平成は「失われた30年」の暗黒時代だった【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

30年続いた平成の時代が、まもなく終わろうとしていますね。
思い返してみると、様々な出来事があった30年でした。昭和のように経済が盛り上がった印象もなくて、なんだかずっと低迷していたイメージです。

下部枠
矢印
人画像
上部枠

そうだな。たしかに私たち国民には、くまおと同じ印象を持っている人が多いようだ。しかし実際には戦後最長の74か月の好景気が続いているんだ。
なぜ“ズレ”が生じてしまったのか、見てみよう。

下部枠
矢印

 
■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 今、日本経済は戦後最長の74か月の好景気が続いている? 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
内閣府は12月13日、景気動向指数のあり方を検証する景気動向指数研究会を開催し、2012年12月から始まる現在の景気回復が2017年9月時点で、高度成長期に57か月続いた「いざなぎ景気」を超え戦後2番目の長さとなったと正式に判断しました。2019年1月まで景気回復が続けば、戦後最長の74か月となります。
 
国民の景気に対する感覚と、「戦後最長の景気回復の予想」という“主催者”側発表のズレはかなり深刻な問題だと大前研一学長は指摘します。 なぜこのようなズレが生じるのかを大前学長に聞きます。
 
【資料】
内閣府  景気動向指数研究会
 
 
■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 日米欧で株価や賃金の推移を比較すると、日本だけが30年間低迷 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆アベノミクスの公約「GDP成長率2%」「物価上昇率2%」は未実現
 
2018年9月に行われた自民党総裁選挙は現職の安倍晋三首相と石破茂氏の一騎打ちとなり、大方の予想通り、安倍首相が三選を決めた。これで最長21年9月まで安倍政権は続く。
 
第二次安倍政権はデフレ脱却と経済成長を公約に掲げて発足した。「あらゆる政策手段を総動員して、実質GDP2%成長を実現する」と安倍首相は謳ってアベノミクスを打ち出したが、5年8か月経っても2%成長はほど遠い。
 
デフレ脱却に至っては、「物価上昇率2%」という目標の達成時期を何度も何度も先送りしてきた挙げ句、日銀の黒田東彦総裁は「今後、延期した場合には市場の失望を招く」という理由で「2019年頃」としていた2%目標の達成時期を日銀のリポートから削除してしまった。
 
達成時期を明示しないコミットメントなんて、「成り行き任せ」と言っているのと同じだ。普通の企業で事業部長がそんなことを言ったらクビである。
 
◆G7の中で、日本だけが2000年の賃金水準を下回っている
 
内閣府が定期的に行っている「国民生活に関する世論調査」の直近の調査で、「今後、日本政府はどのようなことに力を入れるべきだと思うか」という質問に対する回答(複数回答)の最上位は「医療・年金等の社会保障の整備」(64.6%)。以下、「高齢社会対策」(52.4%)、「景気対策」(50.6%)がベストスリー。
 
【資料】
国民生活に関する世論調査
 
NHKやマスコミ各社の世論調査でも傾向は同じだ。「政治に望むものは何か」という世論調査で必ず上位に上がってくるのが「社会保障」と「景気対策」である。
 
「5年前より今のほうが悪いという人はよほど運がなかったか、経営能力に難があるか、何かですよ。ほとんどの(経済統計の)数字は上がってますから」という麻生太郎財務大臣の発言が物議を醸した。
 
確かに株価を見れば5年前より上がっているが、景気回復を実感している国民は少ない。だから、相変わらず政府に「景気対策」を望む声が高いのだ。
(1989年の株価指数と比較すると、日経225は約4割減に低迷しているのに対して、NYダウは約9倍、英国FTSE100は約3倍に増加)
 
国民の景気に対する感覚と、「(18年12月で)戦後最長の景気回復の予想」という主催者発表のズレはかなりシリアスな問題である。なぜこのようなズレが生じるのか。大きな理由の一つは給料の手取りが増えていないからだ。
 
この20年で欧米の給料は平均で2倍になっているのに、唯一、日本の給料だけはほぼフラットだ。G7の主要7か国で比較しても、日本だけが2000年の賃金水準を下回っている。
 
◆景気が回復しデフレを脱却すると日本国債暴落の引き金を引く危険
 
給料がまったく上がらないのだから、景気を実感できるわけがない。暴動が起きてもおかしくないくらいだが、日本人は騒がない。理由はデフレだ。モノが安くなっているから何とか生活できる。路頭に迷う人も少ない。
 
にもかかわらず、政府は「デフレ脱却」と言い続けている。デフレを直したら二つの爆発が起きる。一つは国民生活で、給料を上げない限り生活は苦しくなる。
 
もう一つは日銀が異次元の金融緩和で市場から買い入れてフォアグラ状態になっている日本国債である。日銀が物価上昇率2%の目標を達成した場合、当然、金利も上がる。そうなると利払いが利息を上回る「逆ザヤ」が生じて、日銀が腹一杯に溜め込んだ国債が一気に内部爆発を起こし、国債暴落のトリガーを引く。
 
景気が回復して金利が上がっても同じことが起きる。つまり、政府が掲げる景気回復やデフレ脱却を本当に達成した場合、そうしたことが起こりうる危険な状況に日本経済は置かれているのだ。
 
総裁選では経済政策も大きな争点になったが、日本経済が抱えている現状のリスクについては両者ともまったく触れていなかった。
 
 
 
給料が上がらない一方で、税金や年金の負担は年々重くなっている。このために国民のマインドは将来不安からシュリンクして「低欲望」になる。景気が低迷しているのに、10年前は約1400兆円だった日本人の個人金融資産は今や1800兆円を超えている。蓄えが増えているのは将来不安の何よりの証だ。
 
だから「医療・年金などの社会保障に力を入れてほしい」という政府への要望も強くなる。税金や年金の負担がますます重くなるという悪循環に陥いることになる。
 
 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●「アベノミクスの成果で日本経済は“戦後最長の景気持続”」と政府は自画自賛するも、G7の中で唯一、株価や賃金が30年前と比較してマイナスのまま推移している。
●給料が上がらない一方で、税金や年金の負担は年々重くなっている。
●このために日本国民のマインドは将来不安からシュリンクして「低欲望」になる。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

このままでは日本は夢も希望も持てなくなってしまいます!どうすれば日本が良い方向に進むのか、本気で考えなければいけませんね。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP