BIZTIPS>BIZトピックス>『 起業家精神研究 』を覗き見!
     ④在宅医療の現場から社会を変える起業家

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/12/26配信分

『 起業家精神研究 』を覗き見!
 ④在宅医療の現場から社会を変える起業家

熊画像
上部枠

今回も、社会にあるさまざまな問題を解決するためのサービスやしくみをつくり出す「社会起業家」ですね。今回の社会問題は超高齢化。
どんな起業のエピソードが聞けるのでしょうか?楽しみです!

下部枠
矢印
人画像
上部枠

高齢化問題に取り組んでいる企業はもちろんたくさんあるが、アプローチの方法は様々なんだ。今回の事例では、どのような切り口から問題を解決に導いていくのか、見てみよう。

下部枠
矢印

 
■ 起業家精神研究 ■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.在宅医療の現場から社会を変える起業家
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
前回は、社会問題を解決する社会起業家のお話をお伝えしました。
前回のテーマとなった病児保育以外にも、日本には様々な社会問題があります。
超高齢化も社会問題のひとつです。
 
今回は、超高齢化という社会問題に取り組んでいる、医療法人社団鉄祐会 理事長 武藤真祐氏の講義をお届けします。
 
武藤氏は、医師として循環器内科や救急医療に従事後、宮内庁で侍医を務めました。
その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営コンサルタントを経て、医療法人社団鉄祐会を設立します。
 
武藤氏は、超高齢化に対して、どのように立ち向かっているのでしょうか。
そのストーリーを見ていきましょう。
 
 
 
¶ 在宅医療での起業を決意する
──────────────────────────────
 
武藤氏は、東京と宮城県石巻市で在宅医療専門のクリニックを開業しています。
開業前は、循環器内科でカテーテル治療や救急医療に携わっていました。
 
先端的な医療に関わりながら、多くの患者と向き合う中で、もっと多くの人を助けることはできないか、と自問自答の日々を過ごしていました。
 
そして、ある時、患者の自宅に行く機会のあった武藤氏は、ゴミの山で生活する高齢者の現状を目の当たりにします。
 
高齢者が置かれている現実と、これから高齢者が増える社会の中で、自分がどのような役割を担えるだろうか、武藤氏の問題意識はますます強くなっていきます。
 
その後、マッキンゼーでコンサルタントに転身します。
そして、満を持して、2010年に在宅医療専門のクリニックを開業します。
 
 
 
¶ 在宅医療を取り巻く環境
──────────────────────────────
 
ここで、武藤氏の講義の中から、在宅医療を取り巻く状況を簡単に見ていきましょう。
 
《社会背景》
都市部を中心に終末期の療養の場所を自宅や施設などにシフトせざるを得ない。
 
《財政状況》
医療費の適正化が求められ、高齢者を病院で看取る医療は財政的に限界がある。
 
《国民のニーズ》
高齢者の生活を支える医療、介護の提供が求められる。
終末期を、住み慣れた環境で過ごせる体制作りが望まれている。
 
 
在宅医療や介護の普及は、今後の日本に必須であると、武藤氏は語ります。
 
 
 
¶ 徹底的なリストラクチャでICTシステムをフル活用
──────────────────────────────
 
それでは、超高齢化社会に対する武藤氏の具体的な取り組みを見ていきましょう。
 
これまでの在宅医療は、医師一人ひとりの善意の頑張りで支えられていました。
しかし、そのような医療は限界があります。
 
そこで、武藤氏は、ICTを活用し、徹底的なリストラクチャ(再構築)を行い、在宅医療システムをゼロから構築しました。
 
また、医師、看護師、薬剤師、介護士など、チームでのケア体制を確立し、全国で標準化を行っています。
 
このような取り組みの過程で、必要に迫られて生まれたのが、在宅医療クラウドを中心とするICTシステムです。
 
医師の訪問スケジュールの管理・変更や、患者宅の玄関先までのナビゲート、医療・介護事業者・家族との情報共有など、在宅医療に欠かせないシステムとなっています。
 
また、アクティブシニア向けに地域活動や就労促進のマッチングシステムを構築したり、高齢者が利用しやすいSNSを開発し、新しいコミュニティの形成を促しています。
 
このようなICTシステムが生まれているのは、チームメンバーを巻き込み、運用のサポートやその後の活用について徹底的にフォローしているからです。
 
ICTシステムを使い慣れない人には手厚くサポートを行っています。
 
また、システムの活用について、地域の医療介護事業者と定期的に意見交換や議論を行っています。
 
そして、地域間での連携が容易になるように、厚生労働省に働きかけて、統一された情報連携システム基盤の構築や、情報連携のためのガイドライン作成にも取り組んでいます。
 
 
 
¶ 在宅医療の現場から社会を変える
──────────────────────────────
 
医師としての職責を果たす一方、在宅医療で超高齢化の社会問題解決に取り組んでいる武藤氏。
 
ICTシステムの例に限らず、武藤氏がこだわるのは「現場」です。
 
「現場」で自らが経験し感じた事から課題を見つけ、それを解決するために行動する。
 
そして、周りを巻き込み、おおきなうねりを作っていく。
 
武藤氏のアントレプレナーシップから、あなたは何を感じるでしょうか。
そして、どんな未来が見えるでしょうか。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

今までの常識にこだわらず、あくまで「現場」に寄り添い、現場の事実や声を大切にする。
この問題に限らず、ビジネスを考える上でとても大切なことですよね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP