BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/01/18配信分

グルーバル感覚

国力の強さはメガシティの強さが決める!?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

日々経済状況が変化する中で、「強い国」ってどんな国のことを言うのでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

たしかに、時代の変化と共に「強い国」の定義も変わるのは当然のことだな。それに加えて、今世界では「メガシティ」の競争も起きているのを知っているかな?果たして日本は生き残れるのだろうか?

下部枠
矢印

 
■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 2030年の世界の都市別GDPランキング。日本は平成の延長で低迷? 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
公益社団法人日本経済研究センターは、2018年12月、今後約10年間のアジア経済を俯瞰した「第4回アジア経済中期予測」を発表しました。日本及び米国を含むアジア地域(13カ国・地域)の主要77都市を対象に2030年までの人口、域内総生産(GDP)、1人当たGDPを予測しました。
 
日本経済研究センターは「デジタル産業の強さが都市の経済力の伸長を左右している」と分析していますが、「デジタル産業の強さが左右」というのは表面的に見えている産業構造に過ぎず、メガシティの分析の根本的な掘り下げが足りません。
 
この予測結果をどう見ればよいのか、大前研一学長に聞きました。
 
【資料】アジア経済中期予測 (第4回/2018-2030年)
 
 
■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 メガシティの強さが中国や米国の経済をけん引 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆2030年中国勢が躍進。メガシティの強さが国力の強さを決める
 
都市別の名目GDPランキング
 
 2015年         2030年予測
1 ニューヨーク   ニューヨーク
2 東京       東京
3  ロサンゼルス   ロサンゼルス
4 大阪       シカゴ
5 シカゴ      北京
6 ヒューストン   上海
7 ダラス      サンフランシスコ
8 ワシントン    ダラス
9 サンフランシスコ 深圳
10フィラデルフィア 重慶
 
上記の予測調査によると、2015年時点の上位は、ニューヨーク、東京、ロサンゼルス、大阪、シカゴ、ヒューストンの順で、10位以内に米国8都市、日本2都市が入って中国はゼロだったが、2030年の予測では10位以内に北京、上海、深圳、重慶と中国の4都市が入っている。中国は中央集権的に見えて、経済的には各省や各市が米国の各州や各市以上に実は自立している。
 
この結果として、米国は5都市に減り、日本も東京だけになった。大阪は11位、福岡も53位に下落している。アジアの他の都市では、ジャカルタが27位、マニラが31位、バンコクが36位、クアラルンプールが40位に上昇している。
 
また、都市別の1人当たりGDPランキングでは、2015年時点も30年予測も、ITのスタートアップ企業が多いサンフランシスコ都市圏が1位。アジアでは都市国家のシンガポール、香港の順だった。
 
いま世界では、国の競争だけでなく、メガシティの競争が起きている。メガシティに繁栄が集まる傾向があるのだ。このことは、「THE END OF THE NAT-ION STATE(FREE PRESS社)」(邦題『地域国家論』講談社)という著書にも詳しく書いた。
 
また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院で教えている公共政策論も、「メガシティの繁栄」をテーマにしている。
 
◆メガシティは繁栄のため、中央集権から経済的に自立しなければならない
 
日本の場合、権限が東京に集中しすぎている。大阪や名古屋は人口規模ではメガシティだが、「世界中から人がやってくる」「企業もくる」「お金がくる」「情報がくる」というメガシティ繁栄の条件には欠けている。
 
大阪も万博だとかIR(カジノを含む統合型リゾート)だとかいってイベントを呼び込もうとしているが、経済的にはけし粒ぐらいの影響力しかない。札幌、仙台、福岡などがメガシティを目指そうとしても、みんなで足を引っ張って潰そうとしている。
 
メガシティ繁栄のためには、地方自治について規定する憲法8章の92~95条を書き換え、中央集権から経済的に自立した道州制への移行が必要だ。
 
憲法第8章の定めでは、地方は単に国から業務を委託された出先機関で「地方公共団体」という呼称で呼ばれている。地方の役所は国からの交付金によって運営されている。そのため、地方が独自に産業を誘致することは難しい。
 
1つの州が国家のように三権を持ち、独自に産業政策も行えるようになれば、メガシティも生まれる。
 
 
 
地方が国家のように三権を持つ単位として道州制を導入することが、メガリージョンの競合に打ち勝って繁栄していく必須条件だ。地方に真の自治権を与えるようにしなければ地方創生などは絵に描いた餅だ。狙いは世界中から人・カネ・モノ・情報が毎日くるようにすることだ。そういった日本の地方の自由度が繁栄の条件である。
 
失われた平成の30年を乗り越えて新元号とともに道州制への移行を果たし、新しい成長軌道に乗る。これを強烈な意志を持ってやらなくては、次の時代にも平成と同じく世界の中で日本の存在感は薄れていくだけだろう。
 
 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●世界では、国の競争だけでなく、メガシティの競争が起きている。
●メガシティに繁栄が集まる傾向がある
●地方が、世界中から人・カネ・モノ・情報が毎日集まるような自由度を持つことが、メガリージョンの競合に打ち勝って繁栄していくための必須条件である。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

東京以外のメガシティが繁栄することも地方創生の実現も、そう簡単な話ではなさそうですね。日本は「強い国」であって欲しいと願うのは私だけではないはず!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP