BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/02/13配信分

57――これは何の数字?

 
●正解:大学入試センター試験全日程終了《 57万人 》が受験●
 
 
 
先日(1月19日、20日)、「大学入試センター試験」が行われました。今年の受験者数は昨年と比べて5841人少ない57万6830人が志望校の合格を目指してチャレンジしました。受験者数は昨年に比べて減少しましたが、「大学入試センター試験」を利用する国公私立の大学・短大は前年より4校増えて852校と過去最多となりました。(※1)
 
「大学入試センター試験」は、以前の「共通一次試験」(昭和54年/1979~平成元年/1989)から変更され平成2年(1990年)1月に第1回が実施されましたが、2020年をもって終了し翌2021年より新制度「大学入学共通テスト」に移行します。
 
新制度「大学入学共通テスト」は、「大学センター入試試験」同様、1月中旬の週末2日間での実施となりますが、内容が若干変わります。主な変更点は、「国語」と「数学」で記述式問題の導入、「英語」で民間の資格・検定試験の導入(2023年までは共通テストを併用し、その後民間試験に完全移行する方向)です。
 
文科省は、大学や社会生活で必要な問題発見・解決能力を評価することが重要であり、入試においても、知識量だけでなく、自ら問題を発見し、答えや新しい価値を生み出す力が重要であるという判断から、大幅な変更としたようです。
 
詰込みだけの入試対策で合否が判断するよりは新制度の方がいいという意見もありますが、疑問を呈する意見も多いのが実情です。例えば、「記述式を導入したことで採点時間がかかりすぎる」、「均一な採点基準を維持できるのか」などの意見が上がっています。(※2)
 
そして、新制度導入は、今年の中学受験にも影響を与えたようです。
 
現予定では、今年中学に入学する生徒が大学受験を迎える2025年から、理科・社会に記述式が導入され、プログラミング等の新科目も導入される見込みとなっています。
 
従って、新制度に向けて、中学1年から大学受験を意識した勉強が必要となります。そのため、中高一貫校が人気となり、大学付属校の受験者数が伸びているようです。
 
小学生時点で大学受験を意識した「中学受験準備」が、本当に子どもたちの成長のプラスになるのか、しっかり検証をしてもらいたいものです。
 
受験に限らず、新たな取り組みには、課題・トラブルなども伴いますが、この新制度移行が子供たちの教育にプラスに働くことを祈るばかりです。
 
 
※1 報道発表「平成31年度大学入試センター試験実施結果の概要」
 
※2 この他にあがっている意見として次のようなものがある
「現在の高校1年生から新制度に移行になるが、高校2年生までは今までと同じなので高校側の指導に混乱が生じる」、「高校2年生は万が一浪人すると翌年は新制度に向けた別の受験勉強を行わなければならない」など
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP