BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/02/25配信分

「 出版市場規模 」をウォッチ!

 
今回は、「 出版市場規模 」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日、出版業界の調査研究機関である出版科学研究所が2018年(1~12月累計)の出版市場規模を発表しました。同調査結果によると、「紙+電子」出版で前年比3.2%減の1兆5,400億円で、そのうち「紙」の出版が前年比5.7%減でしたが、「電子」出版が前年比11.9%増と好調だったようです。
 
確かに、出版不況といわれて久しいですが、紙の出版物が落ち込み、電子出版が伸びるというのは、近年のライフスタイルからも確かにそうだろうなと思えます。
 
では、紙の出版物の落ち込みの規模感がどの程度で、書籍・雑誌でどのような違いがあり、電子出版の規模感がどの程度なのでしょうか。実際に数字で確認してみたいと思います。
 

 
まず出版物(紙+電子)の販売額(市場規模)の推移を長期で見てみます。電子出版の数字を確認できたのは2007年以降なので、それ以前は基本的に「紙の出版物」が出版市場規模となります。
 
1970年は1,446億円でしたが、以降右肩上がりで急成長し96年に2兆6564億円とピークを迎えますが、以降は右肩下がりとなっています。「紙の出版」だけで見ると、18年に1兆2921億円と、96年ピーク時の半分以下にまで落ち込んでいます。
 
一方、電子出版は07年に355億円でしたが、以降増加トレンドで18年には2479億円へと大きくのびています。ですが、出版全体(紙+電子)の落ち込みを補う水準にまでは至っていません。
 
次に、書籍・雑誌の違いを見てみます。書籍は、96年の1兆0931億円をピークに減少トレンドに入っています。月刊誌は、85年に書籍を上回り、97年の1兆1699億円をピークに減少トレンドとなり、11年に再び書籍を下回るようになりました。週刊誌は、95年408億円をピークに減少に転じています。電子書籍は、07年から一貫して増加トレンドで、15年以降、週刊誌を上回るようになりました。
 
ちなみに、電子出版は、電子のコミック・雑誌・書籍のカテゴリのうち電子コミックが大半を占めています。
 
こうしてみると、書籍、月刊誌、週刊誌は90年代半ばがピークで、落込みが止まらない状況が分かります。特に月刊誌の90年代までの伸びと、ピーク以降の落ち込みが激しいことが分かります。一方、最近サブスクリプション型コンテンツ消費が増加・定着しつつあるので、今後更に電子出版のウェイトが高まる可能性が高そうです。
 
大型書店に足を運ぶと、最近は書籍ではなく、文具・カバンなどの販売スペースが増えていることに気が付きます。紙の出版がこれだけ大きく落ち込んでいたら、そうせざるを得ないのだろうなと納得がいきますね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP