BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/04配信分

「 スイス時計輸出 」をウォッチ!

 
今回は、「 スイス時計輸出 」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日、スイス時計協会が2018年の年次報告を発表しました。同報告によると2018年のスイス時計輸出額は前年比6.3%増の210億スイスフラン(約2兆3100億円)となりました。
 
それでは、この数字から、スイスの時計産業が好調だといえるのでしょうか。スイス時計の輸出は、長期的に見てどのような動きを示してきたのか、おもな輸出相手先はどの国・地域で、どのような推移を見せているのでしょうか。実際に数字を見て確認したいと思います。
 

 
まずスイスの時計輸出額の推移(2000~18年)をみると、‘00年には10.2億スイスフラン(以下CHF)で、’08年(170億CHF)まで増加トレンドでしたが、‘09年にリーマンショックで13.2億CHFまで落ち込んでいます。その後、再び増加トレンドとなりますが、’14年(22.2億CHF)をピークに、’16年には194億CHFへと落ち込みました。これは、スイスフランの通貨高に加え、おもな輸出相手国の中国政府の反汚職キャンペーンなどの動きが、高級スイス時計対中国輸出に不利に働いたといわれています。
 
しかし、その後また輸出が盛り返し、2年連続の増加となっています。
 
輸出相手国別に見ると、香港が最も輸出額が大きく’18年は30億CHFとなっています。ちなみに香港への輸出の大半が中国に流れているとみられています。
 
香港に次いで輸出額が大きいのが米国で22億CHF、以降、中国(17億CHF)、日本(13億CHF)、英国(12億CHF)、と続きます。
 
これらの国の輸出額の推移をみると、香港が‘14年から‘16年にかけて大きく落ち込み、その後回復を見せています。香港、米国、中国、日本はいずれも’18年は対前年比で増加となっていますが、英国は対前年比でマイナスとなっています。
 
こうしてみると、18年は世界的にスイス時計が輸出増となっており、概ね16年以降増加トレンドとなっていることがわかります。特に香港・中国の16-18年の伸びが著しいことが図を見るとよくわかります。
 
同協会ジャン・ダニエル・パッシュ会長は、「成長が鈍り米中貿易戦争を巡るリスクが高まっているが、中国の中流層は成長を続けている。進時計への需要はなお旺盛だ」と、この傾向が続くとみているようです。
 
一般的には、高級品は景気の影響を受けやすく、米中貿易戦争で高級品市場へのマイナスインパクトが想定されそうなものです。しかし、中国の中流層・富裕層の伸びが、それを上回って、スイス時計の需要を押し上げると考えられていることになります。
 
高級品で成長するスイス時計産業から、日本も学べることがたくさんありそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP