BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/06配信分

41――これは何の数字?

 
●正解:生活意識調査 食事にお金をかける1位は島根県の41%●
 
 
 
先日(2月21日)、ソニー生命保険は、今回で4回目となる「47 都道府県別生活意識調査」のうち、「マネー・旅行」に関する集計結果を公表しました。
(※1)
 
それによると、「食事にお金をかけたい」と思う人の割合が最も高かった都道府県は、島根県(41%)でした。2 位は埼玉県、鹿児島県が同率で39%となっています。なお全国平均は32.1%でした。
 
島根県は、「自分は浪費家だと思う」人の割合でも1位(44%)となっており、2位の秋田県とは2ポイント差、3位の奈良県とは4ポイント差です。島根県の人は食事にお金をかけたいと思っているだけでなく、本当に浪費をしているのかもしれないですね。
 
ただ、このデータは、「実際に支出した金額」でランキングされたものはなく、回答者が「お金をかけたい」と思っているかどうかを表しています。実際の消費支出額は総務省などより発表されていますが、金額ベースで見ると、東京や神奈川、大阪など大都市が高くなっています。
 
この他に島根県が1位となっている質問項目には、「雑誌・書籍にお金をかけたい」(14.0%)、「自動車にお金をかけたい」(19.0%)があげられます。なお同アンケート内の「現在乗っている自動車の金額」(自動車所有者対象)では、1 位は大阪府(521.7万円)、2 位東京都(331.4万円)、3位神奈川県(328.7万円)となっています。
 
このように、「お金をかけたいと思っている」ことと「実際に支出している金額」のランキングには乖離があるものの、何に対して価値を感じているのか、お金の価値観の県民性を見て取ることが出来そうです。
 
ちなみに、日本証券業協会が今年2月13日に発表した、「お金のセンス」を測るウェブテストの実施結果によると、47都道府県別の平均点でみて「お金のセンス」が最も高いのは島根県(72.20点)となっています(※2)。平均貯蓄率でも島根県は全国4位と上位に位置しています(※3)。
 
「自分は浪費家だと思う」、「食事にお金をかけたい」、「自動車にお金をかけたい」とは言うものの、実際にはお金のセンスが最も高く、貯蓄率も高い島根県民。お金に堅実だからこそ、実際に使っているかどうかは別として「自分は浪費家だと思う」のかもしれませんね。
 
 
※1 47 都道府県別 生活意識調査2018-19 年版
同結果は、全国の 20 歳~59 歳の男女4,700 名(各都道府県100 名)に、お金に関する意識について質問を行い、それぞれの内容に「あてはまる」と回答した人の割合の高さ順にランキング形式で公表されています。
 
※2 100年大学 お金のこと学部 開学記念テスト「お金のセンス」
お金のセンスが最も高い年代は「30代」、都道府県別では「島根県」が1位に
 
※3 社会生活統計指標-都道府県の指標2018
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP