BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/13配信分

3――これは何の数字?

 
●正解:学生バイト収入過去最高 下宿生で初めて《 3万円 》を超え●
 
 
 
全国大学生協連は、2018年10~11月、全国の国公私立大学の学部学生を対象に「第54回学生生活実態調査」実施し、先日(2月25日)結果を発表しました。
 
同調査によると、大学生の「アルバイト収入」は、自宅から通う自宅生、下宿している下宿生とも過去最高となり、自宅生は4万円、下宿生は3万円を初めて突破したようです。
 
下宿生、自宅生ともに総収入も増加していますが、自宅生の「親からの小遣い」、下宿生の「親からの仕送り」は減少傾向にあり、「アルバイト収入」が学生の収入を支えている構造となっています。
 
支出については、自宅生、下宿生とも、「食費」、「教育娯楽費」だけでなく、「書籍費」、「勉学費」などが、この2~3年で増加傾向となっています。単純に遊びに使いたいからアルバイトをするというよりも、日々の生活や、自己啓発にかける支出が必要となり、より多くの収入が必要となっているものと考えられます。
 
参考までに、同調査によると、大学生の勉強時間は授業、授業のための準備、学校以外での勉強などで増加する傾向にあるようです。
 
この調査結果からは分かりませんが、気になる点がいくつかあげられます。
 
————————–
・アルバイト収入が上がったのは、アルバイト時間が増えたからなのか、アルバイトの単価が増えたからなのか。
・学生はどこで何のアルバイトしているのか。
・学生インターンは、アルバイトにカウントされているのか、カウントされていないのか
・大都市圏の大学と、地方の大学で差があるのかないのか。(大都市圏のアルバイト収入はもっと高いのではないか?)
————————–
 
人手不足で、アルバイトに依存しているサービス業等は人集めに苦労しています。以前はコンビニ等で見かけた学生バイトも、最近はほとんど外国人です。学生アルバイトは、どこでアルバイトしているのでしょうか。
 
人手不足で、就職戦線も売り手市場トレンドでも、将来の就職先をみすえて、就活のプラスにならない低単価で成長につながらないアルバイトを敬遠しているのかもしれません。
 
その一方で、Twitterの不適切投稿で飲食店が炎上していますが、学生アルバイトであるケースが多く見受けられます。このような学生は、どんな大学の学生で、学生インターンとして企業で働くことを考えたりするのでしょうか。
 
同調査の長期統計で、アルバイト収入のトレンド、仕送り・小遣いのトレンドは分かるので、それはそれでよいと思います。ですが、「大学生」と一括りで語りつくせない社会現象が多数生じています。
 
一つの数値データ、調査結果ではありますが、そこから「本当のところどうなのだろうか」、「身近にみる現象と違うけど、それはなぜだろうか」という好奇心が湧き上がってくると、様々な社会現象とその背景などが発見できそうですね。
 
 
第54回学生生活実態調査の概要報告
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP