BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/20配信分

21――これは何の数字?

 
●正解:京都離れ 日本人観光客《21か月連続》減少●
 
 
 
京都市内の主要ホテルで、日本人宿泊客の減少に歯止めがかからない状況となっているそうです。京都市観光協会と京都文化交流コンベンションビューローが2014年から市内主要ホテル(※1)を対象に行っている「外国人客宿泊状況調査」によると、京都を訪れる日本人観光客が、2017年4月~2018年12月で21か月連続前年同月比マイナスとなっています。(※2)
 
2018年年間ベースで見ても日本人宿泊客数は前年比9.4%減と、4年連続のマイナスとなりました。外国人宿泊客数は4年連続増加となっていますが、実は、外国人宿泊客数も含めた「総宿泊客数」は3年連続減少となっています。それだけ、日本人宿泊客数減少の影響が大きいということが分かります。
 
日本人観光客の減少要因として、「訪日外国人客の増加で京都の観光地や交通機関の混雑により、敬遠されている」「『京都のホテルはいつも満室』という先入観が強い」、さらに「客室価格上昇などで出張のビジネスマンが泊まりにくくなった」ことなどを指摘する声が関係者から上がっているようです。また、京都出張の際に滋賀県等に宿泊するという方も多いようです。
 
日本の人口が減少しているとはいえ、ここ数年の好景気、3連休の増加、働き方改革で長期休暇が取りやすくなったこと、などを考えると日本人の京都観光客が減少しているとは驚きでした。日本人の海外旅行も増えていますし、もしかすると国内でも京都以外の観光地に足が向いているのかも知れません。
 
一方、外国人観光客は増えているものの、インバウンド頼みは、経済情勢、外交問題、災害などの不測の事態によって一気に減少するリスクを抱えることになります。現在は、ラグビーW杯、東京オリンピック、大阪万博などのビックイベントで、日本が注目されていますが、その後もインバウンドが増え続けるという保証はありません。
 
そう考えると、国内観光地は、日本人観光客を確保することも重要なのではないでしょうか。京都も交通整備やルール徹底等に取り組み、日本人観光客を再び増やすような施策が必要となりそうです。
 
日本人観光客確保については、京都に限らず他地域にも同じことがいえます。現在、多くの自治体がインバウンドへの取り組みを積極化しています。その一方、日本人観光客の減少となると、将来的にインバウンドが減少した場合のリスクを抱えることになるものと再認識しておく必要がありそうですね。
 
 
※1 2018年12月時点で52施設対象
※2 平成 30 年(2018 年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)について
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP