BIZTIPS>BIZトピックス>やらなかった方がまし?交渉下手を露呈した二人の首脳【大前研一メソッド】

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/22配信分

グルーバル感覚

やらなかった方がまし?交渉下手を露呈した二人の首脳【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

先日も取り上げた、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談についてですね!
共同合意文書への署名を見送りとのことですが、どのような会談だったのでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

大前学長の言葉を借りると、内容はもとより、そもそもの両者の交渉ベタが露呈してしまった、『やるべきではなかった』会談だったようだ。
さて、どういうことだろうか、見解を見てみよう。

下部枠
矢印

 
■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 米朝首脳会談、共同合意文書への署名を見送り 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ベトナムの首都ハノイで開催された米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の2回目の首脳会談は、当初予定された共同合意文書への署名が見送られました。
 
交渉の実務経験が豊富な大前研一学長に、両氏の会談をどのように見ているのか聞きました。
 
 
■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 緻密な思考回路が必要な交渉には二人ともに不向きなことを露呈 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆両国のスタッフ同士で事前に交換し合っていた条件を両首脳が無視か?
 
トランプ大統領は「北朝鮮は寧辺の核施設廃棄の見返りに経済制裁の全面解除を求めてきた」と明かしたうえで、寧辺のほかにも北朝鮮が公表していない平壌近郊カンソンの核関連施設の査察や廃棄を求めたところ、金委員長が難色を示したため「立ち去ることを決めた」と語っている。一方、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は「われわれが求めるのは全面的な制裁解除ではなく一部解除」と主張している。
 
今回はっきりしたのは、金委員長が事前に実務交渉した部下の言うことを聞かないということ。両国のスタッフ同士でいろいろな条件を交換していたと思うが、それを無視して「トランプ大統領との関係が良好な自分が出ていけば、制裁解除は勝ち取れるはず」と甘く考えていた。つまり、細かい交渉ができる緻密な思考回路を持った人間ではないことが露呈したわけだ。
 
同じように、こうした能力に欠けているトランプ大統領も、部下がいろいろ細かく交渉しても、そのリポートさえ読まない。結局、そういう人間がお互いに判断を誤り、ハノイから帰るときのカッコいいシーンだけを想定していたのだ。
 
◆会談当事者も日韓首脳も、成果が自国向けPRに必要だったのに得られず
 
選挙資金法違反の罪などで実刑判決を受けた元顧問弁護士のマイケル・コーエン被告が元ポルノ女優らに不倫の口止め料を払ったことなどを下院で7時間にもわたって証言し、トランプ大統領はかなり追い込まれていた。何か成果を出したいということで、トランプ大統領はウソの成果を演出するか、北朝鮮への先制攻撃計画「鼻血作戦」のようなかなり強引なことに突き進んでいくか、だ。
 
一方、金委員長は動けない。北朝鮮は国連に食糧支援を要請するほど追い詰められている。北朝鮮が核実験をして米国が「鼻血作戦」を決行することも恐れている。
 
いずれにしても、文章ひとつ理解できない2人のヘボ役者では、問題は解決できない。こんな会談のために60時間以上かけて陸路はるばる行く輩もどうかと思う。
 
今回、両国の間に立って関係を改善させ、南北経済協力を本格化させ、あわよくば平和条約の締結への道筋をつけようとしていた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、「お呼びじゃない」ということでアテが外れた。韓国国内での求心力も低下するだろう。
 
一方、トランプ大統領と電話会談した安倍晋三首相は、米朝会談で拉致問題が提起されたことを評価した。ただ、トランプ大統領にとっては、核弾頭や米国まで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)の廃棄、朝鮮戦争の米兵の遺骨返還が重要で、拉致問題はそれより優先順位が下位にある。トランプ大統領は「言った」と語っているが、それなら「金委員長の反応はどうだったのか?」ということまで聞いてほしかった。
 
重要項目の2行目にすら今回の会談で達することができなかったヘボ役者が、優先順位の低い項目を話し合ったとは、私にはとても思えない。
 
 
 
米国のジョン・ボルトン大統領補佐官はCBSの報道番組で、「大統領が米国の国益を守り、高めたという意味で成功」と語っていたが、何も成果が得られなかったという意味では、この会談はやるべきではなかったのではないか。
 
トランプ氏と金正恩氏の3回目の米朝首脳会談はおそらくもうないだろう。
あるとしても、何回交渉したところでこの二人の会談では成果を期待できない。
 
 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の2回目の首脳会談は、当初予定された共同合意文書への署名が見送られた。
●二人とも、細かい交渉ができる緻密な思考回路を持った人間ではないことが露呈した。
●何も成果が得られなかったという意味では、この会談はやるべきではなかったのではないか。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

一国のトップだとしても、交渉力があるわけではないんですね。
世界中が注目している米国と北朝鮮の関係…何も成果がないと、話題のためじゃないかと疑ってしまいますね。これは『やらなかった方がまし』と思われても仕方がないです。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP