BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/03/25配信分

「 世界のスマートウォッチ市場 」をウォッチ!

 
今回は、「 世界のスマートウォッチ市場 」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日(3月7日)のウォーリストジャーナルによると、2018年のスマートウォッチの世界的な販売台数が5130万個と、前年比で54%増となったそうです(IDC調べ)。
 
数年前にウェアラブルコンピューティングの時代だとして、スマートウォッチや、スマートメガネなどのウェアラブル端末に関する報道が見かけられましたが、この1-2年はこうした報道が少なくなった印象を受けます。
 
では、スマートウォッチは普及しているのでしょうか。世界のスマートウォッチ市場規模がどうなのか、他の時計と比べてどのくらいの規模なのか、将来的にどのくらい伸びるのか、具体的な数字で確認したいと思います。
 

 
まず、世界のスマートウォッチの出荷数の推移を見ると、2014年は434万個でしたが、2015年にアップルウォッチが登場したことにより1985万個へと大きく拡大し、そこから増加トレンドで2018年には5130万個となっています。そのうちアップルウォッチの出荷数は全体の4~5割を占める規模となっています。
 
次に、スマートウォッチ代表格のアップルウォッチ出荷数は、スイス時計輸出数と比較してみたいと思います。2016年第一四半期は、スイス時計輸出数が590万個であるのに対し、アップルウォッチは220万個でした。以降スイス時計輸出が概ね横ばいから微減のトレンドで推移しているのに対し、アップルウォッチは増加トレンドで推移しています。2018年第4四半期には、スイス時計輸出が619万個であったのに対し、アップルウォッチは920万個と、スイス時計を大きく上回っています。年間合計でも、2018年はスイス時計の2374万個に対し、アップルウォッチが2240万個と僅差になっています。
 
スマートウォッチが今後どのくらい伸びるのか、将来市場規模予測を見ると、2019年の9060万個から、2023年には1億3130万個へと拡大することが予想されています。(IDC予測)
 
このようにみると、ウェアラブル端末といえば大半がスマートウォッチであり、中でもアップルウォッチが大半を占めていることが分かります。今後の市場も拡大することが予想されています。
 
利用者属性が異なるのかもしれませんが、スイス時計世界への輸出数よりもアップルウォッチの出荷数が超えるということは、よりスマートウォッチ利用者を日常で見かけるようになるかもしれません。普及したその先で、スマートウォッチ企業が高級ブランド化路線に向かうのか、機能拡張路線に向かうのか、非常興味深いですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP