BIZTIPS>BIZトピックス>日本の行政サービスはどこまで便利にできるのか?【大前研一メソッド】

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/04/05配信分

グルーバル感覚

日本の行政サービスはどこまで便利にできるのか?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

政府が、行政手続きをデジタル化する法案を閣議決定したようです!
行政の手続きがスマホで出来るなんて、とっても便利になりますよね。これはかなりいい法案なんじゃないでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

そうだな。文字の並びだけを見るととても期待が出来る気もするが、実は他国と比べたらまだまだ表面上だけの効果しかなさそうなんだ。
電子政府先進国のエストニアを例に挙げながら見てみよう。

下部枠
矢印

 
■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 政府、「デジタル手続き法案」を閣議決定し国会に提出 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
政府は2019年3月15日、「デジタル手続法案(正式名称=情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案)」を閣議決定しました。
 
【資料】
平成31年3月15日(金)定例閣議案件
 
同法案は、自宅のパソコンやスマートフォンを使って、例えば、引っ越しなどの際に必要な行政や公共サービスの手続きをインターネット上で行えるようにすることが目的です。電気・ガスの住所変更や死亡・相続に伴う手続きなどをインターネットを使って行えるようにするほか、法人を設立する際などに必要な添付書類について、税務署や年金事務所など行政機関どうしで共有し、何度も提出しなくて済むようにするとしています。
 
便利になりそうですが、大前研一学長は「従来の行政手続きをデジタル化する」というだけの効果に疑問を呈します。
 
 
■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 行政手続きをネットで一元化するだけでは道半ば 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆国民データベースの構築で世界最先端を走るエストニア
 
私はかねてから「国民全員にIDを持たせ、税金や社会保障だけでなく、運転免許証やパスポート、医療情報まで、1つのIDで一元的に管理するコモンデータベースを構築すべきだ」と提唱してきた。
 
2014年には、北欧バルト三国の電子政府先進国エストニアを訪問した。この国は世界で最も進んだ国民データベースを構築しており、国民はICチップの入ったIDカード(身分証明書)を所持することで、結婚、離婚、不動産取引以外のすべての行政サービスをスマホひとつで完結することができる。日本のマイナンバー制度においては、スマホで受けることのできる行政サービスなどほとんど存在しない現状なので、恥ずかしくなるほどだ。
 
 
日本はいまごろになって、新聞の全面広告で「エストニア見学ツアー」だの参加者を募っているが、遅いうえにトンチンカンだ。
 
デジタル手続き法案は、例えばスマホに使われるSIMチップの中にIDカードが入るのかどうか、といった肝心なことには何も触れていない。
 
エストニアでは、世界中どこにいてもオンラインで選挙の投票もできる。本来なら、そういうことも含めて、トータルの「絵」を見せなければならない。
 
「デジタル手続き法案」は、本当にわかった人間が進めているのか、エストニアやデンマークをちょっと視察しただけの人が、わかったような顔をして言葉だけを走らせているのか。そのへんがまったくわからない。
 
◆行政手続きをネットで一元化するだけでは道半ば
 
行政手続きなどをネットで一元化するのは素晴らしいことだ。だったら、運転免許証から選挙まで全部デジタル化してほしい。選挙では投票場を開設する人や投票を見張る人、人手による開票作業の経費だけでも莫大な金がかかる。これがスマホを使って投票するエストニア方式だったら経費≒ゼロで済むのだ。
 
日本の場合、デジタル化は役所別、市町村別で行われることになる。仮に、選挙を現在の仕組の延長戦上でデジタル化したとしても、知事選など市町村をまたぐ選挙のときに、市町村別の選挙結果をイチイチ足し算しなくては都道府県全体を集計できない。これがわが国の現状だ。
 
エストニア方式だと決済や口座の出し入れまで国家電子銀行を通じて行われ、銀行はいらなくなる。税金も勝手に自動計算してくれるから税理士も必要なくなる。日本はどこまでやるのか。
 
デジタル化するのなら、紙の住民票なんかいらなくなるはずだ。いったい何のためのデジタル化なのか?
 
印鑑登録や印鑑証明という制度も日本には存在する。これも滑稽な話だ。印鑑登録や印鑑証明という制度では、役所に「これが自分の実印です」と届け、紙の契約書などに確かに本人が実印を押しているということを紙で証明してもらっている。実印で証明しなくても、「私が契約した」ということを証明するには、ICカードでもいいし、声紋、指紋、サインでもいい。役所の側が本人であることを電子的に確認できないといけない。本来、印鑑証明などは不要にしなくてはいけないのだ。
 
 
 
国民にしてみれば、導入によって多くのパブリックサービスが受けられるようになり、役所の無駄な業務が減って行政コストが削減されるのでなくては意味がない。
 
政府は「デジタル化の基本原則」として以下のような3点をあげている。しかしながら「個々の手続き、サービスをデジタル化」するという現在の延長戦上から発想するのではなく、行政全体の仕組み全体を根本的に見直すべく、ゼロから発想しなければならない。
 
《「行政のデジタル化に関する基本原則」(政府案)》
(1)デジタルファースト:個々の手続き、サービスが一貫してデジタルで完結する
(2)ワンスオンリー:一度提出した情報は、二度提出することを不要とする
(3)民間サービスを含め、複数の手続・サービスをワンストップで実現する
 
【資料】
デジタル手続法案※の概要 p.1
 
 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●政府は「デジタル手続き法案」を閣議決定し国会に提出して成立を目指す。
●行政手続きなどをネットで一元化するのは素晴らしいことだ。運転免許証から選挙まで全部デジタル化してほしい。
●「個々の手続き、サービスをデジタル化」するという発想ではなく、行政全体の仕組み全体を根本的に変える必要がある。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

なるほど…小手先だけのデジタル化では、なんの意味もないという事ですね。この法案を進めるメンバーに、果たして本当にデジタルが得意な人はいるんでしょうか?

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP