BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/04/19配信分

グルーバル感覚

航空機王国=米国への信頼が揺らぐ【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

飛行機と言えば有名なのはもちろんボーイング社ですよね!ボーイング787機が登場した時には、私も憧れましたね~
でも最近、そのボーイング社の飛行機の墜落事故が続き、雲行きが怪しくなってきているみたいですね…一体何が起こっているんでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

そうだな。これは企業だけの問題ではなく、アメリカへの信頼、そしてトランプ大統領への信頼に関わる問題にまで発展しているんだ。どういうことなのか、見てみよう。

下部枠
矢印

 
■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 ボーイング「737MAX8」の運航再開の目途立たず 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
2019年3月にエチオピア航空の旅客機ボーイング「737MAX8」が墜落し157人が死亡した事故を巡り、ケニア人乗客の遺族が米ボーイング社をシカゴの裁判所に提訴しました。
 
2018年10月にインドネシアのライオン航空の同型機が起こした墜落事故でも、すでに数十人の遺族がボーイングを提訴しています。
 
米航空各社は、同機を夏季の運航スケジュールから外すと発表しました。米連邦航空局(FAA)による運航許可の目途が立たないため、欠便の予定が当初計画から延びています。
 
ボーイング社はFAAによる737MAXの運航停止を受けて3月半ばから同機の出荷を止めています。
 
同機の墜落事故について大前研一学長が解説します。
 
 
■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 操縦士と機械の判断が一致しないと事故が起きる可能性 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆ボーイング、制御システムの誤作動をようやく認める
 
米ボーイング社のデニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は4月4日、新型機「737MAX8」が2018年10月にインドネシア、さらに2019年3月にエチオピアで起こした墜落事故について、「機体の失速を防ぐための自動的に機首を下げる装置が、不正確な情報で起動した」と明らかにし、制御システムに誤作動が起きたことを認めた。
 
事故当初から、私は1994年に名古屋空港で発生し、264人が死去した中華航空の「エアバスA300」の事故に非常に似ていると指摘した。いずれも、パイロットが浮上させようとしたら、自動制御システムが働いて逆に機首を下げてしまった。パイロットと機械が“ケンカ”を始めたわけだ。
 
今回の場合、機体の左右に取り付けた位置センサーが機体の角度に関して誤ったシグナルを送って、機首を下げるプログラムが起動した。それに対し、パイロットは懸命に再浮上しようとしたが、ますます機械は反対に向かった。それが墜落につながった。
 
自動化は本来、パイロットを助けるためのものだが、パイロットとコンピューターの判断が異なると、こういうことも起こってくる。
 
ボーイング社は1994年の時点で、エアバスの事故を受けて、安全設計を取り入れていなけれなければいけなかったはずなのに、それができていなかったのは大きな問題である。
 
◆人間の行動が正しいのか、機械の判断が正しいのか?
 
原子力開発に関わっていたこともあって、私は航空機の事故とその原因をほとんど覚えている。航空機事故の発生メカニズムを分析することは、原子力発電所の事故を防ぐうえで、参考になることが多いからだ。原子炉の事故も100例以上あるが、それも全部頭に入れていないといけない。それでも東京電力福島第一原子力発電所は津波の前に起きた地震で外部電源を喪失していたうえに、発動すべき非常用電源が津波で水没して炉心溶融が起きた。
 
どんな事故も、多くは人間と機械の“ケンカ”だ。「明らかにコンピューターにプログラムされていることが間違っている」となったときには、人間の判断でオーバーライド(優先)しなくてはいけない。訓練を受けたパイロットならば、自動制御がなくても運航できるはずだ。おかしくなってきたら、余計なことをせずにパイロットの手動操縦に任せることだ。
 
人間の行動が間違えていて、機械が正しかったという上記とは逆の場合もある。
 
79年に起きた米ペンシルベニア州のスリーマイル島の原発事故は、給水ポンプの故障などに運転員がパニックになって、非常用炉心冷却装置が自動で止まるのに手動に替えるなどの誤操作が重なって冷却材喪失事故に発展し、炉心溶融(メルトダウン)を起こした。こちらは人間の行動が間違っていた。
 
今後、自動運転車の世の中になったとき、この問題はパニック状態の人間が何をするか、という点において非常に示唆に富む。
 
 
ミューレンバーグCEOは事故当初、「われわれは安全性を確認し、同機の設計や製造に携わる人々も信頼している。認証を経て就航してからMAXファミリーは何十万回もの飛行を終えている」と同機の安全性を強調し続けていた。
 
ボーイング社は不誠実なところがある会社だと思う。今回も当初、ボーイング社は「安全性を確信している」と言い張った。安全設計に対する基本的な哲学が抜けていたのだ。
 
また、FAAもトランプ大統領も、すぐには運航を停止させなかった。政治的理由で大きな判断ミスをしたFAAに対する信頼も地に落ちたといえる。
 
 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●航空機産業王国=米国の信用がぐらついている。
●ボーイング社は安全設計に対する基本的な哲学が抜けている。
●墜落事故後、米連邦航空局は政治的な理由ですぐに運航を停止させなかった。大きな判断ミスをしたFAAに対する信頼は地に落ちた。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP