BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/04/22配信分

「 コワーキングスペースの動向 」をウォッチ!

 
今回は、「 コワーキングスペースの動向 」を取り上げてご紹介いたします。
 
近年、日本でもシェアオフィスやコワーキングスペースが増えてきています。コワーキングスペースは、数年前のフリーランス・ノマドワーカーが中心に利用する形態から少しトレンドが変わってきているようです。特に米ウィーワークは国内でも拠点を拡大させており、従来のフリーランスやスタートアップ企業の他に、大企業の新規事業開発部門などが入居することが増えているようです。
 
それでは、実際に国内でコワーキングスペースがどのくらい増えているのでしょうか。また、世界的にはどのくらい伸びていて、コワーキングスペースの広さ・規模感に変化があるのでしょうか。実際に数字を見て確認をしたいと思います。
 

 
まず、国内の動向を見てみます。不動産サービス会社のJLLによると、東京都心5区のシェアオフィス(コワーキングスペース含む)貸床面積でみると、増加トレンドとなっておりますが、特に2017年、’18年と大きく伸びており、’19年もさらに拡大する見通しとなっています。Weworkの拠点拡大の影響が主な要因となっています。
 
世界の動向を見ると、コワーキングスペースのメンバー数(利用会員数)では、当初は米国が中心となっていましたが、17年以降、米国以外のメンバー数が大きく増えていることが分かります。
 
また、世界のコワーキングスペースの広さ別構成比を見ると、2014~‘18年にかけて、500㎡以下のコワーキングスペースの割合が減っており、1000㎡以上の割合が大きく伸びていることが分かります。ちなみに、この調査を行ったDeskmagの資料によると、複数拠点を運営するコワーキング事業者、収容人数が200人以上の大型のコワーキングも伸びています。また、収入源もデスク共有型の会費収入よりも、個室収入の割合が伸びているという数字が示されています。
 
このように見ると、コワーキングスペースが注目され出した2010年代前半は、フリーランスなどを中心としたノマドワーカー需要として、比較的小規模で始まったものですが、Weworkに代表されるように、大企業の部門ごと、スタートアップ企業丸ごと入居するなど、大型化する傾向が強くなっていることが分かります。さらに、米国だけでなく世界で広がっていくことが予想されています。
 
日本でも、働き方改革法案などの影響もあり、こうした傾向が拡大していくことが予想されます。働き方、企業形態、オフィスの在り方も、今後も更に変化していきそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP