BIZTIPS>BIZトピックス>『 戦略的人材マネジメント 』を覗き見!
     ⑦自分の怒りに対するコントロール

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/05/08配信分

組織人事 経営戦略

『 戦略的人材マネジメント 』を覗き見!
 ⑦自分の怒りに対するコントロール

熊画像
上部枠

さて、ここまでは自分の周りにいる「困った人たち」への対応について学んできましたが、今回は自分が「困った人」にならないための方法ですね!
私も自分に余裕がないと怒りを抑えられない時があるんです…

下部枠
矢印
人画像
上部枠

くまおは温厚な性格に見えるのに意外だな。でも人間だれしもそんな瞬間は必ずあるものだ。怒りに支配されないようにコントロールする方法を知っていれば心配はないぞ!

下部枠
矢印

 
■ 戦略的人材マネジメント ■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.自分の怒りに対するコントロール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶ 自分自身も「困った人たち」候補なら…?
──────────────────
 
職場における「困った人たち」の問題のほとんどは、怒りという感情が関与しています。
 
人間には感情があり、ほぼ誰にでも、怒りという感情に支配される瞬間が訪れる可能性があります。
もしかしたら、自分がそう思われてしまうかも…なんて心配な方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
 
自分自身の怒りを上手にコントロールするのは、現代社会人の最低限のたしなみです。
自分の判断や行動が怒りに支配されそうになったとき、どのように対処すべきか知っておきましょう。
 
 
 
¶ 怒りの感情を恨みに昇格させると悲惨
──────────────────
 
もっとも簡単な方法は「6秒ルール」です。
怒りという感情を察知したら、心の中で6秒数えます。
 
一般的に、怒りの感情は6秒しか続かないと言われています。
感情が収まってから、対処すべき方法や行動を考え始めればいいわけです。
 
しかしながら、毎回うまくいくとは限らないのも6秒ルールです。
人間は非常に論理的思考力が進化した動物なので、感情に意味付けを行います。
なぜ自分が怒っているかというと、あいつが悪いからだ、などと、正確では
ない判断によって認知を歪ませてしまいます。
 
これが繰り返し起きると、怒りという感情は「恨み」に昇格します。
常に恨みの対象を考え、許せない、悔しい、と感じ続けるのは、心に負担がかかります。
恨みの対象をたくさん抱えてしまうと、常に心が疲弊する、悲惨な人生となってしまいます。
 
 
 
¶ 心の動きを正確に認知しよう
──────────────────
 
以前、怒りのトリガーは防衛機制であることが多い、という話をしました。
 
無意識の領域にある、自分で認めたくない過去の出来事や異常な性癖などのコンプレックス。
これがなにかの拍子に意識(自我)の領域に顔を出し、認知しそうになると、「せっかく忘れたことにしていたのに、そんなことを思い出してはいけない!危険だ!」超自我が警報を鳴らします。
その警報を聞いた人間は、同一視、投影、反動形成などの防衛機制を発動します。防衛機制はさまざまな種類がありますが、たいていは「怒りの感情」として表現されます。
 
例を挙げましょう。
 
自分に自信が持てないという劣等コンプレックスを持っている人がいたとします。
この人は、自分の本質を直視したくないばかりか、知りたくもないため、かなりの精神エネルギーをかけ続け、そんな自分の本質を意識の奥底に閉じ込めます。
また、周囲の人々に対しても、本当の自分知られたくないばかりに、自分がどれだけ自信に満ちており、素晴らしい人間なのかをアピールするため、自慢話ばかりします。
 
おれはスティーブ・ジョブスのような偉人と同じ考えの持ち主だ(同一視)。
おれが今出世していないのはアイツのせいだ(投影)。
おれは地位や名誉に興味ない、こんなにすごい人間に生まれただけで満足だ(反動形成)。
 
厄介なのは、このような困った人は、本当の自分を無意識に閉じ込めているため、本気で自分のことを「自信に満ち溢れた素晴らしい人間だ」と信じて疑わないことです。
そして、本当の自分に出会いそうになると、すぐに怒ります。
 
見ていて痛々しく、同情すら感じます。
 
 
 
¶ 対策は「やっちまったな」と思うだけ
──────────────────
 
もしあなたが、誰かの威を借る「同一視」、誰かのせいにする「投影」、思っていることと逆の行動をしてしまう「反動形成」などによって、怒りの感情を覚えてしまったら…?
 
その場合、「何らかのコンプレックスが作用したかもしれない、やっちまったな」と、これだけ意識的につぶやいてください。
 
コンプレックスという問題は非常に根深く、それを直視するのは困難です。
 
しかしながら、行ってしまった行為に対して、「あ、またやっちまったかも?」と認知するだけなら、それほど難しくありません。
 
これを繰り返していくことで、面白いように怒る頻度が減ります。
 
一般的に、人間は自分にとって合理的に行動するようにできています。
怒ると損だと認知するだけで、怒る行為そのものが減っていくのです。
 
 
【執筆:佐藤 祐樹/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

「やっちまった」と思うこと、ただそれだけでいいんですね!なんだ、結構単純ですね。日頃からそう考える癖を付けられるようにトレーニングしようと思います!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP