BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2019/05/20配信分

「 世界のビリオネア所在都市 」をウォッチ!

 
今回は、「 世界のビリオネア所在都市 」を取り上げてご紹介いたします。
 
ビリオネア(10億ドル以上の富・資産を持つ富裕層)といえば誰を思い浮かべますか。
 
先日米調査会社Wealth-Xがビリオネアの分布まとめた「Billionaire Census 2019」を発表しました。同調査によると、2018年の世界のビリオネア数は2,604人(対前年比5.4%減)で、ビリオネアの富(資産)は8.6兆ドル(対前年比7%減)となっています。
 
それでは、ビリオネアが多い地域・国はどこで、ビリオネアが多い都市はどこなのでしょうか。また、ビリオネアが人口比で見て多い都市はどこなのでしょうか。実際に数字を見て確認したいと思います。
 

 
まず、地域別のビリオネア数を見たいと思います。地域別でビリオネア数が最も多いのは欧州で792人、次いで北米750人、アジア677人と続いています。
 
国別では、やはり米国が最も多く705人、次いで中国285人、ドイツ146人、ロシア102人、英国97人と続いています。上位10か国にランクインしているアジアの国は、中国、香港(87人)、インド(82人)、シンガポール(39人)となっています。日本は37人とトップ10圏外となっています。
 
次に都市別のビリオネア数を見ると、最も多いのはニューヨークで105人、次いで香港87人、サンフランシスコの75人、モスクワの70人、ロンドンの65人と続きます。上位15都市にランクインしているアジアの都市は、香港、北京(55人)、シンガポール(39人)、ムンバイ(38人)、深圳(37人)、杭州(31人)、東京(29人)となっています。ちなみに日本のビリオネアの81%が東京に居住しており、世界各国・都市の中でもビリオネア集中度が最も高い都市となっています。
 
各都市の居住人口のうち、何人に1人の割合でビリオネアが存在するのかビリオネア人口密度を見ると、最もビリオネア密度が高いのはサンフランシスコで1.7万人に1人の割合でビリオネアが存在しています。次いで、ニューヨーク(8.1万人に1人)、ドバイ(8.4万人に1人)、香港(8.5万人に1人)、ロサンゼルス(10.2万人に1人)と続きます。
 
このように見ると、世界の中でも欧米先進国や中東などのビリオネア居住地だけでなく、アジアのビリオネアが上位に食い込んでいることが分かります。一方、アジアの中でも、日本及び東京は、香港、シンガポール、中国主要都市よりもビリオネア数で見劣る状況となっています。
 
もう少し、日本、東京にもビリオネアが増えて欲しいとも思いますが、アジアにこれだけのビリオネアが存在しているということは、富裕層ビジネスの機会がアジアに存在しているとも考えられます。
 
日本の存在感の低下を残念がるだけで終わるのではなく、こうした世界・アジアの富裕層の数字をチェックしながら、そこにある事業機会を見出していきたいものですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP