• 新着順
  • 人気順
2018/07/04 

57――これは何の数字?

ヒント: それで将来の準備大丈夫?

続きを読む

2018/07/02 

「副業」をウォッチ!

  今回は、「副業」を取り上げてご紹介いたします。   政府が推進する「働き方改革」の関心度が高まる中、先日(5月16日)、エン・ジャパンが正社員約3000人に「副業」に関する実態調査の結果を発表しま […]

続きを読む

2018/06/29  ITリテラシー グルーバル感覚

これは「いいね?」、Facebookの知られざる闇【大前研一メソッド】

Facebookで膨大な個人情報の漏洩問題が発覚、情報を不正に取得された被害者は8700万人に上ることが判明しました。同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏はこの問題で米議会上下両院の公聴会に呼び出され、対策の不備を認めて全面的に謝罪しました。[…]

続きを読む

2018/06/27  経営戦略

『デシジョン・メーキング』を覗き見! ⑤なぜ利益で意思決定できないのか?

『デシジョン・メーキング』では、短期と長期、不確かな状況か確かな状況かの2軸で意思決定を分類し、「採算性に基づいて判断する意思決定」を学びます。ビジネスパーソンが日常の業務で使えることを主眼において、具体的なケースと数値を用いながら理解を進める本講義を、BBT大学院の修了生の方に紹介していただきます!

続きを読む

2018/06/27 

4――これは何の数字?

ヒント: 経験したことありませんか?

続きを読む

2018/06/25 

「メディア接触時間」をウォッチ!

  今回は、「メディア接触時間」を取り上げてご紹介いたします。   先日、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が「メディア定点調査2018」における事例列分析レポートを発表しました。 & […]

続きを読む

2018/06/22  ITリテラシー グルーバル感覚

国のIT人材育成政策は使われる人を大量育成するだけ!?【大前研一メソッド】

政府は新たな科学技術戦略=統合イノベーション戦略の素案を取りまとめ、閣議決定しました。IT分野などで急速に進む技術革新を支えるため、人工知能(AI)を扱うIT関連の人材を2025年までに数十万人規模で育成、採用する目標を掲げています。[…]

続きを読む

2018/06/20  経営戦略

『デシジョン・メーキング』を覗き見! ④手余り状態と手不足状態では損得が変わる

『デシジョン・メーキング』では、短期と長期、不確かな状況か確かな状況かの2軸で意思決定を分類し、「採算性に基づいて判断する意思決定」を学びます。ビジネスパーソンが日常の業務で使えることを主眼において、具体的なケースと数値を用いながら理解を進める本講義を、BBT大学院の修了生の方に紹介していただきます!

続きを読む

2018/06/20 

374――これは何の数字?

ヒント: 現代は普通のこと!?

続きを読む

2018/06/18 

「海外在留邦人数」をウォッチ!

  今回は、「海外在留邦人数」を取り上げてご紹介いたします。   先日(5月31日)、外務省は2017年(10月1日時点)の海外在留邦人数を発表しました。前年同期比1.0%増の135万1970人となっ […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP