• 新着順
  • 人気順
2017/06/05 

「スポーツクライミング競技人口」をウォッチ!

  今回は、”数字でわかる今”のテーマだった 「スポーツクライミング競技人口」を取り上げてご紹介いたします。   2020年東京五輪でスポーツクライミングが正式種目に加わること […]

続きを読む

2017/06/02  経済原論

個人が解放される!ギグ・エコノミー時代の到来(前編)【大前研一メソッド】

インターネットの発達によって仕事のやり方が根本から変わろうとしています。ネットを仲介したフリーランサーとして、年間億円単位で稼ぐ人も現れた新しい経済の形「ギグ・エコノミー」と呼ばれるものです。[…]

続きを読む

2017/05/31  経営戦略

『戦略的起業論』を覗き見!
 ③資金調達

『戦略的起業論』は、いわゆる理論のみでは学ぶことができない「起業への第一歩」を踏み出すためのマインド醸成を目的とした科目です。
起業家12人を通して見えてくる「起業家が陥りやすい失敗」をどの様に戦略的に解決していくのか。その糸口をBBTを大学院の修了生の方と一緒に見ていきましょう。

続きを読む

2017/05/31 

60――これは何の数字?

ヒント:日本人が得意なもの?

続きを読む

2017/05/29 

「大学入試センター試験の現役志願率」をウォッチ!

  今回は、「大学入試センター試験の現役志願率」を取り上げてご紹介いたします。   先日5月16日に、文部科学省がセンター試験にかわって2020年から始める「大学入試共通テスト(仮称)」の最終案をまと […]

続きを読む

2017/05/26  経済原論

低失業率(2.8%)でも、日本の景気はなぜ回復しない!?【大前研一メソッド】

総務省が4月末に発表した3月の完全失業率は「2.8%」でした。この数字は1994年6月に並ぶ、22年8か月ぶりの低水準。3%を下回るのも94年12月以来となります。[…]

続きを読む

2017/05/24  経営戦略

『戦略的起業論』を覗き見!
 ②はじめの第一歩、創業のきっかけを知る

『戦略的起業論』は、いわゆる理論のみでは学ぶことができない「起業への第一歩」を踏み出すためのマインド醸成を目的とした科目です。
起業家12人を通して見えてくる「起業家が陥りやすい失敗」をどの様に戦略的に解決していくのか。その糸口をBBTを大学院の修了生の方と一緒に見ていきましょう。

続きを読む

2017/05/24 

24――これは何の数字?

ヒント:金のわらじを履いてでも探そう!

続きを読む

2017/05/22 

「新入社員の意識調査」をウォッチ!

  今回は、「新入社員の意識調査」を取り上げてご紹介いたします。   先日、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが「2017年度 新入社員識調査」の結果を発表しました。同社の調査レポートによると、「会 […]

続きを読む

2017/05/19  グルーバル感覚

目論見が甘かった『ブレグジット』、英国が辿る末路【大前研一メソッド】

英国のテリーザ・メイ首相は、2020年に予定していた英国議会下院の総選挙を前倒しで行うと表明し、6月8日に実施します。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP