• 新着順
  • 人気順
2017/12/04 

「あずきバー」をウォッチ!

  今回は、「あずきバー」を取り上げてご紹介いたします。   先日2017年11月15日に井村屋グループが東証・名証の2部から1部に昇格することを発表しました。井村屋の2017年9月中間決算も好調だそ […]

続きを読む

2017/12/01  グルーバル感覚 経営戦略

ミシュラン星付きを呼び込んで、茨城は魅力度最下位常連を脱せよ【大前研一メソッド】

民間調査会社「ブランド総合研究所」がまとめた2017年度の「都道府県魅力度ランキング」で、1位は北海道、2位は京都、3位は東京となりました。[…]

続きを読む

2017/11/29  経営戦略

『技術戦略論』を覗き見!
 ①技術だけでは価値はない!? 技術戦略論とは?

本科目では、技術を企業価値へ変換するテクノロジーマネジメントプロセスに焦点を当て、 企業における技術マネジメントや経営資源配分、組織のあり方など包括的に考えていきます。技術畑、経営層ではない方にも重要な示唆を与えてくれる本科目。BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/11/29 

12 ――これは何の数字?

ヒント: 楽しみ方はいろいろ?

続きを読む

2017/11/27 

「ボジョレー・ヌーボーの輸入量」をウォッチ!

  今回は、「ボジョレー・ヌーボーの輸入量」を取り上げてご紹介いたします。   国内では、毎年11月にボジョレー・ヌーボーの解禁がニュースと取り上げられますが、今年2017年の解禁日は11月16日でし […]

続きを読む

2017/11/24  グルーバル感覚 経済原論

避けたいシナリオ!米中2国間の自由貿易協定が現実味を帯びてきた【大前研一メソッド】

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が行われたベトナムで協議を続け、11月11日、新協定を締結することで大筋合意しました。[…]

続きを読む

2017/11/22  マーケティング

『マーケティング概論』を覗き見!
 ⑥ざっくりすぎるマーケティングのまとめ

MBAの人気科目の1つ、マーケティング。本連載では「基礎より手前」にフォーカス。「なるほど、マーケティングってそういうことか!」と腑に落ちるところまで噛み砕いて、BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/11/22 

11 ――これは何の数字?

ヒント: 早くも来年が楽しみです

続きを読む

2017/11/20 

「米国の銃社会」をウォッチ!

  今回は、「米国の銃社会」を取り上げてご紹介いたします。   米国で、2017年11月5日午前11時半(現地時間)、テキサス州キリスト教教会で銃乱射事件が発生し、少なくとも27人が死亡し、多数の負傷 […]

続きを読む

2017/11/17  組織人事 経済原論

「働き方改革」で日本の賃金はさらに下がる!?【大前研一メソッド】

2017年11月1日に第4次安倍晋三内閣が発足しました。安倍首相は会見で、「人づくり革命」と「生産性革命」を車の両輪とし、デフレ脱却に向けて税や予算などの政策を総動員する考えを示しました。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP