• 新着順
  • 人気順
2018/10/17 

83――これは何の数字?

ヒント:元々は日本橋にありました

続きを読む

2018/10/15 

「 子どものICT活用状況 」をウォッチ!

  今回は、「 子どものICT活用状況 」を取り上げてご紹介いたします。   先日(10月1日)、NTTドコモモバイル社会研究所(9月下旬)が実施した調査で、小学4年生で約半数が携帯・スマホを利用して […]

続きを読む

2018/10/12  グルーバル感覚

中国の「債務トラップ外交」とは?【大前研一メソッド】

ペンス米副大統領は10月4日、ワシントンで対中国政策について講演し、広域経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を広げる中国の手法を「債務外交」と断じ、強くけん制しました。 […]

続きを読む

2018/10/10  組織人事 経営戦略

『戦略的人材マネジメント』を覗き見!
 ⑨ビジョンとミッションの葛藤を克服せよ!

「何のために働いているのか?」企業で働く人材の意識が大きく変化する一方、働き方改革による政治・社会からの変革の要請も強くなってきています。では何をどうすれば、従業員が能動的に働き、成果を上げるのか?以前もご紹介した『戦略的人材マネジメント』の続編を、最新の「心理学」の研究に基づいて、BBT大学院の修了生の方に分かりやすく解説していただきます!

続きを読む

2018/10/10 

27――これは何の数字?

ヒント:世界経済を反映しています

続きを読む

2018/10/08 

「 ラグジュアリーグッズ(高級品)市場 」をウォッチ!

  今回は、「 ラグジュアリーグッズ(高級品)市場 」を取り上げてご紹介いたします。   先日(9月下旬)にイタリアの高級ファッション・ブランド「ヴェルサーチ」が、米高級ブランドのマイケル・コース・ホ […]

続きを読む

2018/10/05  グルーバル感覚

イランに対する制裁は石油危機&軍事衝突の火種【大前研一メソッド】

2018年5月に米トランプ政権は主要6カ国(米英仏中露の国連常任理事国+ドイツ)とイランによって2015年に結ばれた核合意からの一方的な離脱を表明しました。 […]

続きを読む

2018/10/03  組織人事 経営戦略

『戦略的人材マネジメント』を覗き見!
 ⑧ビジョンとミッションの違いを説明できますか?

「何のために働いているのか?」企業で働く人材の意識が大きく変化する一方、働き方改革による政治・社会からの変革の要請も強くなってきています。では何をどうすれば、従業員が能動的に働き、成果を上げるのか?以前もご紹介した『戦略的人材マネジメント』の続編を、最新の「心理学」の研究に基づいて、BBT大学院の修了生の方に分かりやすく解説していただきます!

続きを読む

2018/10/03 

7022――これは何の数字?

ヒント:便利になるのは嬉しいですが…

続きを読む

2018/10/01 

「 100歳以上人口 」をウォッチ!

  今回は、「 100歳以上人口 」を取り上げてご紹介いたします。   毎年9月の第3月曜日は敬老の日ですが、厚生労働省はそれに合わせて百歳以上の高齢者数の数値を発表しています。   今年( […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP