• 新着順
  • 人気順
2018/04/25 

3――これは何の数字?

ヒント: 夢がふくらみます

続きを読む

2018/04/23 

「ランドセル市場動向」をウォッチ!

  今回は、「ランドセル市場動向」を取り上げてご紹介いたします。   毎年4月は新小学1年生が入学式を迎えますが、その翌春に新たに小学生になる子供へのランドセル商戦が、春ごろから既に活動が始まるそうで […]

続きを読む

2018/04/20  経済原論

AI時代に重宝される人材になるには?【大前研一メソッド】

英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が今後10~20年で今ある仕事の半分くらいはロボットやAIに取って代わられる可能性が高いという論文を発表して話題を呼びました。[…]

続きを読む

2018/04/18 

33――これは何の数字?

ヒント: アジアの玄関口

続きを読む

2018/04/18  組織人事 経営戦略

『戦略的人材マネジメント』を覗き見!
 ⑥ 実践!これだけでうまくいくアンガー・マネジメント

「何のために働いているのか?」企業で働く人材の意識が大きく変化する一方、働き方改革による政治・社会からの変革の要請も強くなってきています。では何をどうすれば、従業員が能動的に働き、成果を上げるのか?前回の『戦略的人材マネジメント』に続き、BBT大学院の修了生の方に、最新の研究に基づいた「エンゲージ」から同科目を紐解いて分かりやすく解説していただきます!

続きを読む

2018/04/16 

「高校生の自己肯定感」をウォッチ!

  今回は、「高校生の自己肯定感」を取り上げてご紹介いたします。   今年2018年3月30日に国立青少年教育振興機構が「高校生の心と体の健康に関する意識調査」の報告書を公表しました。同報告書は、身体 […]

続きを読む

2018/04/13  論理思考

北朝鮮問題は7月までに最終決着か?【大前研一メソッド】

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は3月25~28日に訪中しました。習近平国家主席と会談し、「祖父の金日成主席と父親の金正日総書記の遺訓に従い、[…]

続きを読む

2018/04/11  組織人事 経営戦略

『戦略的人材マネジメント』を覗き見!
 ⑤ 怒りという感情を理解しよう

「何のために働いているのか?」企業で働く人材の意識が大きく変化する一方、働き方改革による政治・社会からの変革の要請も強くなってきています。では何をどうすれば、従業員が能動的に働き、成果を上げるのか?前回の『戦略的人材マネジメント』に続き、BBT大学院の修了生の方に、最新の研究に基づいた「エンゲージ」から同科目を紐解いて分かりやすく解説していただきます!

続きを読む

2018/04/11 

31――これは何の数字?

ヒント: 期待とのギャップ

続きを読む

2018/04/09 

「インターネット経由の消費支出」をウォッチ!

  今回は、「インターネット経由の消費支出」を取り上げてご紹介いたします。   インターネット通販の利用が増えたことで、物流の人材不足などが話題になっていますが、ネット通販の利用金額が1か月あたり幾ら […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP