• 新着順
  • 人気順
2014/12/24 

15.7%――これは何の数字?

ヒント:ニャーケービー48がすきなあの猫も大人気!

続きを読む

2014/12/17  経営戦略

「イノベーション」講座を覗き見! ⑩What Does this all mean ?

「イノベーション」は、収益減やマーケットシェア低下をはじめ、事業計画のマンネリ化、商品の陳腐化、あるいは業界全体の縮小といった難問に遭遇したとき、どのようなメソッドを武器に限界を突破していったらいいのかという思考方法を「11の発想法」に整理し、教授する講座です。

続きを読む

2014/12/10  経営戦略

「イノベーション」講座を覗き見! ⑨RTOCS(How to get out of gutter)

「イノベーション」は、収益減やマーケットシェア低下をはじめ、事業計画のマンネリ化、商品の陳腐化、あるいは業界全体の縮小といった難問に遭遇したとき、どのようなメソッドを武器に限界を突破していったらいいのかという思考方法を「11の発想法」に整理し、教授する講座です。

続きを読む

2014/12/10 

588 ――これは何の数字?

ヒント…20年近くも人気を保っているアレが!

続きを読む

2014/12/03 

3045万人(前年同期比0.3%減) ――これは何の数字?

ヒント・・・円安の影響はあるものの意欲は堅調

続きを読む

2014/12/03  マーケティング

「マーケティング概論」講座を覗き見! ⑥マーケティングミックスの基礎、「4P」を再確認! ~後半~

経営を体系的に学ぶ際に、中心に位置づけられるものの一つが「マーケティング」です。広告宣伝や販売などの狭義の枠組みにとどまらず、企業の社会的責任を実現することに始まり、商品企画、販売、その後のサービスに至るまで、意識せずに行っている企業活動の多くがマーケティングといってもいいかもしれません。

続きを読む

2014/11/19  マーケティング

「マーケティング概論」講座を覗き見! ⑤マーケティングミックスの基礎、「4P」を再確認! ~前半~

経営を体系的に学ぶ際に、中心に位置づけられるものの一つが「マーケティング」です。広告宣伝や販売などの狭義の枠組みにとどまらず、企業の社会的責任を実現することに始まり、商品企画、販売、その後のサービスに至るまで、意識せずに行っている企業活動の多くがマーケティングといってもいいかもしれません。

続きを読む

2014/11/19 

1100億円――これは何の数字?

ヒント…渋谷はすごいことになりましたね!?

続きを読む

2014/11/12  マーケティング

「マーケティング概論」講座を覗き見! ④マーケティングの要、「STP」を押さえよう!

経営を体系的に学ぶ際に、中心に位置づけられるものの一つが「マーケティング」です。広告宣伝や販売などの狭義の枠組みにとどまらず、企業の社会的責任を実現することに始まり、商品企画、販売、その後のサービスに至るまで、意識せずに行っている企業活動の多くがマーケティングといってもいいかもしれません。

続きを読む

2014/11/12 

1兆5660億――これは何の数字?

ヒント…時間短縮が可能に!

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP