• 新着順
  • 人気順
2018/01/10  経営戦略

『技術戦略論』を覗き見!
 ⑥新規事業の重要性

本科目では、技術を企業価値へ変換するテクノロジーマネジメントプロセスに焦点を当て、 企業における技術マネジメントや経営資源配分、組織のあり方など包括的に考えていきます。技術畑、経営層ではない方にも重要な示唆を与えてくれる本科目。BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2018/01/10 

230 ――これは何の数字?

ヒント: 今年はどこまで上昇する?

続きを読む

2017/12/27  経営戦略

『技術戦略論』を覗き見!
 ⑤事業開発の潮流、”オープンイノベーション” とは

本科目では、技術を企業価値へ変換するテクノロジーマネジメントプロセスに焦点を当て、 企業における技術マネジメントや経営資源配分、組織のあり方など包括的に考えていきます。技術畑、経営層ではない方にも重要な示唆を与えてくれる本科目。BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/12/27 

1700 ――これは何の数字?

ヒント: 地元の返礼品は何!?

続きを読む

2017/12/25 

「日韓旅行者数」をウォッチ!

  今回は、「日韓旅行者数」を取り上げてご紹介いたします。   先日、2017年の1‐10月での訪日韓国人客数と訪韓日本人客数に関する報道がありました。報道によると、同期間の訪日韓国人観光客数は約58 […]

続きを読む

2017/12/22  グルーバル感覚 組織人事

議員に若い現役世代を!?広がるか?地方議会の夜間・休日開催【大前研一メソッド】

全国の地方議会で議員の担い手不足が深刻となっています。そんな中で議員の担い手確保を目的とした夜間・休日議会を始めた喬木村の地方議会。議会日程の多くを夜間や休日に設定するのは全国的にも異例です。[…]

続きを読む

2017/12/20  経営戦略

『技術戦略論』を覗き見!
 ④誤った捉え方、していませんか? 真のイノベーションとは

本科目では、技術を企業価値へ変換するテクノロジーマネジメントプロセスに焦点を当て、 企業における技術マネジメントや経営資源配分、組織のあり方など包括的に考えていきます。技術畑、経営層ではない方にも重要な示唆を与えてくれる本科目。BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/12/20 

960 ――これは何の数字?

ヒント: 最先端技術の結晶?

続きを読む

2017/12/18 

「FIFAの収入とワールドカップ出場国枠の関係」をウォッチ!

  今回は、「FIFAの収入とワールドカップ出場国枠の関係」を取り上げてご紹介いたします。   先日2017年12月1日に、サッカーのワールドカップ(W杯)・ロシア大会1次リーグの組み合わせ抽選会が行 […]

続きを読む

2017/12/15  組織人事 経営戦略

神戸製鋼グループの品質不正ドミノ倒しはなぜ起きた?【大前研一メソッド】

神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)の品質データ不正問題は、アルミ・銅事業部門から始まって、主力の鉄鋼事業部門や機械事業部門などでも発覚しました。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP