BIZTIPS>「コンビニ」に関する検索結果

コンビニ」に関する検索結果 (全19件

「ノーベル文学賞と書店(文教堂)の株価」をウォッチ!

  今回は、「ノーベル文学賞と書店(文教堂)の株価」を取り上げてご紹介いたします。   先日(2017年10月5日)、日系英国人作家のカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞が発表されました。同氏の長編 […]

続きを読む

13――これは何の数字?

ヒント: 意外と広範囲に影響が…?

続きを読む

5――これは何の数字?

ヒント: セキュリティが心配です

続きを読む

日本だけが乗り遅れる「キャッシュレス社会」の現実【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 財務

日常生活に現金を必要としないキャッシュレス社会が世界的に進展しています。もともとクレジットカードなどのカード社会に同調して緩やかに広がってきたものが、[…]

続きを読む

2500――これは何の数字?

ヒント:コンビニのものとは別物!?

続きを読む

3,600――これは何の数字?

ヒント:一流選手でも関係なし?

続きを読む

シリーズ 「本当に使える分析力」
 ②目標と課題を明確にする

ITリテラシー 論理思考

「分析力」はマーケティングや財務などの数字を扱う部署の担当みならず、全ビジネスパーソンに身に着けてもらいたい重要なスキルの一つです。しかし、数字を読む力があっても、ビジネスの世界で実際に使いこなせていない人が多いという現状があります。では、どうやって分析力を付けていけばよいのでしょうか。
本シリーズでは、デジタルマーケティングの世界で活躍中の修了生の方に、MBAホルダーだからこその視点で、分析力を高めていくためのエッセンスを伝授していただきます!

続きを読む

22,900――これは何の数字?

ヒント:革新とはこのこと

続きを読む

約17,000――これは何の数字?

ヒント:日本でないのは4県だけ!?

続きを読む

「マーケティング概論」講座を覗き見! ⑤マーケティングミックスの基礎、「4P」を再確認! ~前半~

マーケティング

経営を体系的に学ぶ際に、中心に位置づけられるものの一つが「マーケティング」です。広告宣伝や販売などの狭義の枠組みにとどまらず、企業の社会的責任を実現することに始まり、商品企画、販売、その後のサービスに至るまで、意識せずに行っている企業活動の多くがマーケティングといってもいいかもしれません。

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/12/15配信分  組織人事 経営戦略

神戸製鋼グループの品質不正ドミノ倒しはなぜ起きた?【大前研一メソッド】

神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)の品質データ不正問題は、アルミ・銅事業部門から始まって、主力の鉄鋼事業部門や機械事業部門などでも発覚しました。[…]

続きを読む

2017/12/13配信分  経営戦略

『技術戦略論』を覗き見!
 ③イノベーションがもたらすもの

本科目では、技術を企業価値へ変換するテクノロジーマネジメントプロセスに焦点を当て、 企業における技術マネジメントや経営資源配分、組織のあり方など包括的に考えていきます。技術畑、経営層ではない方にも重要な示唆を与えてくれる本科目。BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP