BIZTIPS>「日立」に関する検索結果

日立」に関する検索結果 (全9件

東芝を追い込んだ原発ビジネスに未来はあるか!?【大前研一メソッド】

経営戦略

東芝が(2017年3月期)第3四半期決算を発表しました。第3四半期連結累計期間(2016年12月に終了した9か月間)の営業損益は、原子力発電システムののれんの減損損失7166億円の計上により、5763億円の赤字となりました。

続きを読む

「国内電機メーカーの業績推移」をウォッチ!

  今回は、”数字で分かる今”で取り上げた東芝の記事に関連して「電機メーカーの業績推移」を取り上げてご紹介いたします。     国内の電機メーカー大手3社の業績(売上 […]

続きを読む

44――これは何の数字?

ヒント:何が起こっても変ではない時代!

続きを読む

255.6――これは何の数字?

ヒント:誰もが通る道に!?

続きを読む

866――これは何の数字?

ヒント:世界に誇る日本の技術

続きを読む

イノベーション <実践編> 
 ③Economies of Scale ~スケールメリットで本業に集中!~

経営戦略

『イノベーション』は、収益減やマーケットシェア低下をはじめ、事業計画のマンネリ化、業界全体の縮小といった難問に遭遇したとき、どのようなメソッドを武器に限界を突破していったらいいのかという思考方法を「11の発想法」に整理し、教授する講座です。
『イノベーション <基礎編> 』に続き、それをどう日々の実務で活用していくかという実践方法を、BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説していただきます!

続きを読む

自動車の自動運転技術の開発競争が加熱するワケ

グルーバル感覚 経営戦略

最近、自動車の自動運転技術の開発競争が加熱しています。この分野の開発では、グーグルが最も進んでいますが、先日は、安倍晋三 総理がデモカーに試乗して、注目を集めました。   今回の【MBAホルダーの視点】では、「 […]

続きを読む

日本の家電メーカーの将来

グルーバル感覚 経営戦略

日本の家電メーカーの業績がなかなか回復しない中、シャープと鴻海の交渉状況が流動的となり、大淘汰時代が始まったとする見方が出てきています。   そこで今回の【MBAホルダーの視点】では、日本の家電メーカーの将来に […]

続きを読む

日本の電機業界が目指すべき道

グルーバル感覚 経営戦略

電機各社から発表されている2012年3月期の最終損益は、明暗が分かれた形となりました。   【最終損益が黒字】 ・日立製作所 : 2000億円 ・三菱電機 : 1000億円 ・東芝 : 650億円 ・富士通 : […]

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/11/15配信分  マーケティング

『マーケティング概論』を覗き見!
 ⑤どんなキャラクターで攻めれば恋人ができるかという話

MBAの人気科目の1つ、マーケティング。本連載では「基礎より手前」にフォーカス。「なるほど、マーケティングってそういうことか!」と腑に落ちるところまで噛み砕いて、BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/11/15配信分 

9――これは何の数字?

ヒント: 1日じゃ見きれない?

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP