BIZTIPS>「消費税」に関する検索結果

消費税」に関する検索結果 (全16件

消費税

続きを読む

消費税8%時代の到来!!サラリーマンの財布に何が起こるのか?

経営戦略 財務

続きを読む

消費税

続きを読む

紙幣一新には裏に隠された狙いがある?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚

財務省は2024年度上半期に1万円札、5千円札、千円札の紙幣を一新すると発表しました。新紙幣の図柄に誰の肖像画が採用されたかなど紙幣そのものに報道が集中していますが、財務省の公式発表に対して違和感を感じると大前研一学長は言います。[…]

続きを読む

7――これは何の数字?

ヒント:今年10月以降の影響が気になります

続きを読む

「老後不安→貯蓄増」の悪循環を断ち切るには?【大前研一メソッド】

経済原論

日本銀行が6月27日に発表した2018年1-3月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は3月末時点で前年比2.5%増の1829兆円でした。年度末の残高としては過去最高を更新しました。[…]

続きを読む

「持ち家か、賃貸か」にいよいよ決着!?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 経営戦略

2019年10月に消費税が10%にアップする予定です。消費税のアップを考えると8%のうちに、また、住宅ローン金利が低いうちに駆け込みで持ち家を購入したほうがお得な気がします。[…]

続きを読む

安倍首相が憲法改正の布石を打てないワケ【大前研一メソッド】

論理思考

安倍晋三首相が憲法改正を目指しています。しかし、共同通信社が1月13、14日両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍首相の下での憲法改正に反対は54.8%で、平成29年12月の前回調査から6.2ポイント増加。賛成は33.0%でした。[…]

続きを読む

2018年、“高給取り”はさらなる所得増税へ【大前研一メソッド】

経済原論 財務

自民、公明両党は2017年12月14日、2018年度の与党税制改正大綱を決定しました。給与所得控除を減額して年収850万円を超える会社員への所得増税やたばこ増税、森林保護や[…]

続きを読む

「はがき(第二種郵便物)数」をウォッチ!

  今回は、”数字でわかる今”でお届けした 「はがきの料金改定」に関連して、「はがき(第二種郵便物)数」を取り上げてご紹介いたします。   2017年6月1日よりはがきの郵便料 […]

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2019/05/31配信分  グルーバル感覚

トヨタとパナソニックが住宅事業を統合へ【大前研一メソッド】

トヨタ自動車とパナソニックは2019年5月9日、「2020年に住宅関連事業を統合する」と発表しました。自動車業界と家電業界のトップ企業同士の住宅関連事業を統合するわけですが、統合しても「競争力が高まる要素が見当たらない」と大前研一学長は厳しい見方をします。 […]

続きを読む

2019/05/27配信分 

「 国内EC市場規模 」をウォッチ!

  今回は、「 国内EC市場規模 」を取り上げてご紹介いたします。   先日、経済産業省が「2018年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を発表しました。同調 […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP