BIZTIPS>「AI(人工知能)」に関する検索結果

AI(人工知能)」に関する検索結果 (全10件

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ⑧AI(人工知能)時代を生き抜くために

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ⑦AI(人工知能)とその他技術

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ⑥AI(人工知能)と社会 ~AIがもたらす「負」の側面

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ⑤AI(人工知能)のビジネス活用

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ④AI(人工知能)に取り組む企業

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ③AI(人工知能)の歴史2:ディープラーニングへの軌跡

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ②AI(人工知能)の歴史1:デジタルコンピュータの発明

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

シリーズ 「ビジネスパーソンのための『 AI 』」
 ①AI(人工知能)と取り巻く環境

ITリテラシー

AI(人工知能)が急速に進歩し、私達の産業や社会、生活に入り込む中、AI本来の意味や現在の研究・実用の状況などを正しく知らずにビジネスへの活用を検討し、目新しいトピックスのみに注目するのは得策ではありません。AIがどのように産業構造の転換を促進させるのか、そしてあなたのビジネスにどのように影響を与えるのかを見極めることが、これからのビジネスパーソンには求められることでしょう。
本連載では、大学院のディスカッションテーマでもよく取り上げられるこのAIについて、データ解析など実務で活用し、かつ幅広い知見がある修了生の方に伝授していただきます。

続きを読む

新卒エンジニア年俸、世界標準は1千万円超!? 日本は買い叩かれる国に!?【【大前研一メソッド】

グルーバル感覚

2017年の採用市場では、中国の通信機器大手華為技術(Huawei:ファーウェイ、以下、華為)が日本で大卒エンジニアを「初任給40万円」で募集して話題を集めました。厚生労働省の調査によれば日本の大卒初任給の平均は約20万円(2017年)です。[…]

続きを読む

2018年、世界のリーダーは中国に!?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 経済原論

世界の政治リスクを分析する米コンサルタント会社ユーラシア・グループは毎年年頭に世界の10大リスクを発表しています。[…]

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2018/05/21配信分 

「フリマアプリの市場規模」をウォッチ!

  今回は、「フリマアプリの市場規模」を取り上げてご紹介いたします。   先日5月14日に、東京証券取引所はフリーマーケットアプリのメルカリの新規上場を承認したと発表しました。6月19日にマザーズに上 […]

続きを読む

2018/05/18配信分  論理思考

小手先の適齢論では「18歳成人」の民法改正は有名無実に?【大前研一メソッド】

2018年3月、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正が閣議決定し、国会に提出されました。今国会で成立すれば、3年程度の周知期間を経て、2022年4月1日から施行される予定です。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP