BIZTIPS>「CRM」に関する検索結果

CRM」に関する検索結果 (全6件

CRM(しーあーるえむ)

マーケティング

CRMとは、Customer Relationship Managementの略でシー・アール・エムと読む。 カスタマー・リレーションシップ・マネジメントとは、情報システムを活用して企業が顧客と中・長期的な継続的な関係を […]

続きを読む

『デジタルマーケティング』を覗き見!
 ⑤DMPで目指す100人100色の精密マーケティング

マーケティング

ICTが普及し、進化するなか、企業におけるマーケティング活動も変化してきました。現在は、マーケティング領域の中にテクノロジーを活用したデジタルマーケティングがあるのではなく、マーケティングそのものがデジタルへとシフトしています。 「デジタルマーケティング」では、担当者でなくとも押さえる必要がある、最先端のマーケティングについて学んでいきます。

続きを読む

マーケティング概論
 ③ブランディングの重要性 ~顧客価値向上の為に~

マーケティング

『マーケティング概論』は、マーケティングの原理原則をベースに、思考力、行動力を培い、実践に生かすための具体的な方法を学ぶ科目です。モノ余りの現在は、マーケティングそのものの概念が変化をしている上に、ICTの普及に伴い、企業のマーケティング活動において、デジタルマーケティングは欠かせない要素となっています。

続きを読む

LTV (Life Time Value)(えるてぃーぶい/らいふたいむばりゅー)

マーケティング

LTV (Life Time Value)とは、顧客から得られる将来のキャッシュフローを、現在価値に割り引いたもの。ある顧客による総利益の予測値。また、顧客の企業・商品・サービスに対する満足度が高まることでファンになると […]

続きを読む

One to Oneマーケティング(わんとぅーわんまーけてぃんぐ)

マーケティング

One to Oneマーケティングとは、集団としての顧客ではなく、顧客の個に目を向けたマーケティング戦略。CRMの戦略などとして用いられる。 マスマーケティングに対する概念で、ニーズの多様化に的確に対応するために、消費者 […]

続きを読む

SFA (sales force automation )(えすえふえー/せーるすふぉーすおーとめーしょん)

ITリテラシー

SFA (sales force automation )とは、CRMマーケティングに利用される情報システム。自動的に全ての営業プロセスにおける情報を記録し、顧客情報を一元化して全営業社員が利用できるようにしたり、意思決 […]

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2019/03/18配信分 

「 小学生のインターネット利用 」をウォッチ!

  今回は、「 小学生のインターネット利用 」を取り上げてご紹介いたします。   内閣府は先日(3月1日)、2018年度の「青少年のインターネット利用環境に関する実態調査」の調査結果(速報)を発表しま […]

続きを読む

2019/03/13配信分 

3――これは何の数字?

ヒント:遊ぶだけではなく、勉強時間も増加!

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP