BIZTIPS>「EU」に関する検索結果

EU」に関する検索結果 (全27件

英国のEU離脱は、国家の崩壊への序章!?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 論理思考

EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票は、僅差で離脱支持派が制しました(残留支持派の得票率48.1%に対して、離脱支持派は51.9%。投票率は約72%)。事前の世論調査などから接戦が予想されていましたが、[…]

続きを読む

米TIME誌「2015年の顔」、メルケル首相がEUの砦!?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 組織人事

米TIME誌は「2015年の顔」としてドイツのアンゲラ・メルケル首相を選びました。欧州の債務危機や中東などからの難民受け入れに対する行動力を評価し、[…]

続きを読む

41pOroLqeuL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

続きを読む

日産とルノーは経営統合するのか?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 経営戦略

2018年3月1日、ルノーと日産は主要部門の機能統合を拡大すると発表しました。[…]

続きを読む

「国内コーヒーの市場規模」をウォッチ!

  今回は、「国内コーヒーの市場規模」を取り上げてご紹介いたします。   先日2月9日にセブン・イレブンジャパンが同社のドリップコーヒー「セブンカフェ」を3月から刷新すると発表しました。一杯当たりの豆 […]

続きを読む

旅行にすぎない!?安倍首相の意義なし外交【大前研一メソッド】

グルーバル感覚

安倍晋三首相は1月12日からエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国とブルガリア、セルビア、ルーマニアの東欧3カ国を駆け足で歴訪し、17日に帰国しました。バルト3国を日本の首相が訪問するのは初めてでした。[…]

続きを読む

2018年、世界のリーダーは中国に!?【大前研一メソッド】

グルーバル感覚 経済原論

世界の政治リスクを分析する米コンサルタント会社ユーラシア・グループは毎年年頭に世界の10大リスクを発表しています。[…]

続きを読む

9――これは何の数字?

ヒント: 1日じゃ見きれない?

続きを読む

8――これは何の数字?

ヒント: 水玉模様のあのひと

続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2018/05/21配信分 

「フリマアプリの市場規模」をウォッチ!

  今回は、「フリマアプリの市場規模」を取り上げてご紹介いたします。   先日5月14日に、東京証券取引所はフリーマーケットアプリのメルカリの新規上場を承認したと発表しました。6月19日にマザーズに上 […]

続きを読む

2018/05/18配信分  論理思考

小手先の適齢論では「18歳成人」の民法改正は有名無実に?【大前研一メソッド】

2018年3月、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正が閣議決定し、国会に提出されました。今国会で成立すれば、3年程度の周知期間を経て、2022年4月1日から施行される予定です。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP